2017年04月16日

七田式7+BILINGUAL が当時あったら、バイリンガルになれていたかも?

我が子が3歳の時、英語絵本の読み聞かせで英語が読めるようになったのは前の記事のとおりですが、実はバイリンガルを目指して頑張っていた時期もありました。でも、失敗しました!

子供には無限の可能性があると信じて、実は子供が生まれた時から、なるべく家では英語で話しかけるように努めていました。最初に言えた言葉も英語の "water" でしたし、幼い時は日本語より英語の方が理解が強い感じでした。

子供が混乱するといけないので、「家では英語」「外では日本語」というルールを一応作って子供と関わっていたのですが、私が途中で挫折してしまったのです!

というのも、毎日公園遊びに連れていく中で、周りのお友達はおしゃべり上手になっていくのに、我が子の日本語はつたなくて! 家では英語を主に使っているのだから、日本語の発達が遅いのは仕方ないはずなのに、周りと比べて心配になってしまったのです! そして心配に負けて、家での日本語がどんどん増えてしまいました! 家でひらがなを教えたり日本語の絵本を読んであげたりと、どうしても日本語を使わなければいけなかったのも、英語を教えることに対しては障害になりました。

英会話力を破壊した決定打は、幼稚園入園ですね。
公立幼稚園でしたので、2年保育。家庭を離れてお友達と過ごす時間が生活の中心になり、当然そこでの体験はすべて日本語ベース。それによって、帰宅後私に園での出来事を話す時も、「○○ちゃんが、~~~って言ってたよ」と日本語になり・・・ あっという間に英語を話さなくなってしまいました(涙)!

昨年のことです。家庭教師をしている生徒の親御さんから、下のお子さん用に英会話教材 を紹介してほしいと頼まれ、色々調べました。とことん調べまくりました。そして、とっても魅力的な教材を見つけてました!なんと、たった35日という短期間で、子供が英語を話し始めるのだそう!!
しかも私が昔いっぱいお世話になった七田式!!!

詳しくはこちら↓
【世界の七田式!】35日完結バイリンガル英語脳プログラム<七田式>


あ~~、あの時、この教材があったら良かったのに!
そうしたらバイリンガルになれていたかもしれないのに!

もう大学生になってしまったので、後は自分で頑張ってもらいましょう(笑)
将来結婚をして、私に孫ができたら、その時にこそ試してみよう!! と今から決めています(笑)

詳しくはこちら
 ↓




posted by 菜の花子 at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック