2017年04月15日

3歳児が一人で絵本を読む

「ひらがな」と「カタカナ」が読めるようになった3歳の我が子。
絵本の読み聞かせはそれまでも毎日やっていて、親子で過ごす楽しいひと時となっていましたが、文字が読めるようになってからは、一人でも 絵本を開き、読むようになりました。

この頃にした私の工夫は、子供が好きな絵本を自分ですぐに取り出せるようにしたこと。表紙が見えるように並べられるマガジンラックを購入し、床に置きました。
これなら「早期教育」に力を入れている教育ママさんでなくても、どなたでも取り入れられるのではないでしょうか。
ちょうどこんな感じのマガジンラックを使いました。
  ↓


おすすめマガジンラック(絵本ラック)についてはこちらをどうぞ。

もう一つは、図書館をフル活用したこと。
子供と一緒に図書館に行き、絵本を一緒に選ぶのは楽しいものです。
なんといっても図書館の本は無料!制限なくたくさんの絵本を入手することができます!

あとは簡単ですね(^◇^)
図書館から絵本を大量に持ち帰り、マガジンラックに見えやすいように並べるだけです。
「読んで~~」とせがまれて私が読んであげたことももちろん多かったですし、それはそれで嬉しかったのですが、我が子は「一人でも読める」ことに気付いたのでしょうね。そして一人で読むことで、達成感や満足感が得られたのでしょう。マガジンラックに色とりどりに並べられた中から好きな絵本を取り出しては、一人でも読むようになりました。

読むといっても、文字はわずかしかない絵本もありますよね。
読む文字数は重要ではないと思います。
図鑑などを「眺める」だけでも十分だと思います。
大切なのは、幼い時に、本を自分で手に取り、開く習慣が身に付くように導いてあげることではないでしょうか。

この頃に身に付いた我が子の「一人で読む」習慣は、その後、成長と共に、絵本が文字だけの本になったり、小説になったり、新聞になったり、受験参考書になったり・・・と姿を変えつつ、続いていきました。

貧困家庭であっても、将来に向けて高い目標を持ちましょう!
家庭での教育次第で、難関大学に現役合格できます!


posted by 菜の花子 at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ひらがな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック