【英単語は丸暗記するな!】 英単語に強くなる正しい覚え方

大学受験参考書

英単語の「丸暗記」には無理がある!

英単語が覚えられないと嘆く受験生は多いようです。どうして頑張っているのになかなか覚えられないのでしょう?

その理由の1つは、英単語をむやみに丸暗記しようとしているからだと思います。英単語は意味なく文字が並べられて作られたわけではありません。ですから丸暗記するのには無理があるのです。

英単語には「語源」がある

英単語は意味なく文字が並べられているのではなく、「語源」があります。「語源」を理解してこそ、単語と意味を結び付けて、無理なく記憶することができるのです。

私が高校生の頃は、『試験に出る英単語』という森一郎先生の単語集が受験生必携の書でした。当時『試験に出る英単語』は、「しけ単」とか「出る単」とか呼ばれて大人気で、周りの誰もが使っていました。私も友人を真似て「しけ単」を購入し、大学受験勉強に励みました。

『試験に出る英単語』のすごいところは、英単語の語源を説明してくれていたことです。英単語を「接頭辞」「語根」「接尾辞」(「接頭語」「語幹」「接尾語」ともいいます)に分け、どうしてその単語がそういう意味を持つのか、解説がありました。

私はこの「接頭辞」「語根」「接尾辞」の説明に非常に助けられました。覚えたはずの単語の意味を思い出せない時に、「接頭辞」「語根」「接尾辞」から考え直すと、正しい意味にたどり着くことができました。また、1つ単語を覚えたら、同じ「語根」や「接頭辞」「接尾辞」を持つ別単語を覚える際に、すでに手がかりを持っているので、スムーズに脳にインプットすることができました。

おかげで受験生だった当時、『試験に出る英単語』を効率的にマスターできた私は、単語について何の不安もありませんでした。この「接頭辞」「語根」「接尾辞」で覚える方法は効果絶大です!もしあなたが単語をなかなか覚えられないと苦労しているとしたら、ぜひお勧めしたいテクニックです!!

それでは、実際にどうやって単語の語源、つまり「接頭辞」「語根」「接尾辞」を活用するかですが、残念ながら、今は上記の『試験に出る英単語』は、他の単語集に比べるとあまり評判がよくないようです。

そこで別の参考書を紹介します。『英単語に強くなる』(林信孝著)です。 

表紙に、

re→
con →   
in →   
form   
per →   
trans →   
de →

とありますね。これは、

reform  
conform   
inform   
perform   
transform   
deform

という単語が、それぞれ同じ form という語根に対し、異なる接頭辞がついて出来た単語であることを示しています。

本書の中に明解な解説がありますが、「形作る」を意味する語根 form に、異なる意味を持つ接頭辞(re、con、in、per、trans、de)がつくことによって、それぞれの接頭辞の意味に適合した、別の意味を持つ単語に出来上がっているわけです。

上記は『英単語に強くなる』の中身のほんの一例です。この参考書には、単語暗記に役立つ語源の情報が、受験生が覚えると良いたくさんの単語について豊富に説明されています。

英単語の語源を知るのが単語暗記の早道

英単語に強くなりたい人は、この『英単語に強くなる』をがっつり最初から読んで、英単語の背景知識を習得して、文字通り「英単語に強く」なって下さい。

あるいは著者の林信孝氏が勧めているように、 『英単語に強くなる』を英単語の「漢和辞典」として活用することもできます。なかなか覚えられない単語があったら、目次を見て、語根からその単語を探すこともできるし、巻末の単語のスペリングから見つけることもできます。そしてその単語の語源(「接頭辞」「語根」「接尾辞」)を理解して、スムーズな暗記へとつなげるのです。

語源まで理解するのは時間がかかると思う受験生もいるかもしれませんが、騙されたと思って是非試してみて下さい!むやみに丸暗記するより結果的に近道になることを体験してもらえたら嬉しいです。

大学受験生、志望校合格めざして頑張って下さい!